中古車買取と走行距離の微妙なカンケイ

 

乗り換えなどで、車を手放すために
ガリバーなどの買い取り業者や新車を購入するディーラーで下取り査定を受けますが、

 

車の査定では、年式や車種やどのくらいその車種が中古車市場で人気があるのかなど様々なチェックポイントによって、査定金額が決定します。

 

 

 

その中の一つに「走行距離」があります。

 

 

車査定,走行距離 

 

 

一般的には、走行距離が少ないほうが高く査定をされ、
走行距離が長くなればなるほど低く査定をされます。

 

 

 

では、具体的にどのくらいの走行距離が車の査定に影響されるのでしょう?

 

 

例えば、年式によっての違いはありますが、
プリウスの場合、5年落ちだと4万〜5万kmの走行距離が標準です。

 

 

この標準とされている走行距離より、多いとマイナスの査定対象。
少ないとプラスの査定対象になります。

 

 

走行が6万kmだと、マイナス5万円の査定価格といったところでしょうか。

 

 

もちろん、目安額ですし車種によってもこの金額は変わってきますが、
普通車でいうと、1年間で1万キロといわれてますので、
いざ、自動車を査定する際の目安にしてくださいね。

 

 

 

 

→中古車を売るときに失敗しないクチコミ投稿